まったりイギリス生活

子育て、移住生活、国際結婚、日常の出来事などなど

イギリスのNHSに行くの巻:その1

実はわたし

子宮頸がん検査で毎度引っかかってるんです。

いつも検査結果はクラスIIIaなので

日本にいた時は半年に一度、

検査をしていました。

 

イギリスに移住する前に担当の先生と相談して

今後は一年に一回の帰国時に検査しようとなったんですが、

先日イギリスのNHS(National Health Serviceイギリス政府が運営する公的な医療機関)から

子宮頸がん検査案内の手紙が私にきました。

もちろん無料です。

で、日本の先生にメールしたところ

イギリスでも一応受けておいてもいいと思うよとの事だったので

登録してあるGP(General Practitioner一般開業医(GP)に登録して、病気になったらまずはGPに行きます)

に行って検査してきました。

 

 

その後、検査結果が来てもちろん

高度異形成(high-grade(severe)dyskaryosis)

という結果でした。

で、再検査でNHSで「コルポスコピー」を受けてくださいとの手紙が。 

日本でこの「コルポ診」なるものは受けた事があるので

また再度日本の先生にメールしたところ

「コルポしても結果は同じだから、

いずれは円錐切除はする方針にはかわりないよ」

と言われ、まぁ検査だけ一応して

手術は日本でしたらいいかぁなんて思って

イギリスで再検査のコルポ診をすることにしました。

手紙とコルポスコピーに関する小冊子が入っていて

受けたことあるし手順はだいたいわかっていると

思って冊子は流し読みしただけでした。

手紙にはコルポ診と同時に99.9%効果のある

treatmentをすると書いてあって

 

とりーとめんと........治療?

なにそれ....

しかも99.9%...

そんな強気な数字出していいんかい.....

 

よく理解できなかったので

ポールにも読んでもらっても

はて?なんのことでしょう...だったので

翌日ポールが電話して内容を問い合わせるも

本人じゃないから教えることは出来ないと

言われたらしいので

とりあえず行ってみるかーぐらいの

軽い気持ちでいました。

 

手紙には所要時間が2、3時間かかりますと書いてあり指定時間は14時50分、

どうやっても子供達の迎えの時間には間に合わないので

ポールに仕事を早く切り上げもらい

子供達を迎えに行ってもらうことにして

一人で検査に行きました。

 

私は後で知ったんですが

無料で通訳がつけれるシステムがあったみたいです。

 

マ、マジ、先に言ってよ....

 

f:id:miyuki_12:20190622084154j:image

 

というわけで

その2 につづく!

  


最後まで読んで頂きありがとうございます。

ポチっとしていただけたら小躍りして喜びます 乁( •ω•乁)( 厂•ω• )厂うぇーい